お悩み解決!結婚式でのプチギフト

結婚式に贈られるプチギフトの相場比較

結婚式では、参加者に対する感謝として、そして出席者同士の親睦を深める目的もあり「プチギフト」なる小さなプレゼントが手渡されます。プチギフトは通常「結婚式」と「二次会」の二回にわたって贈られます。一般的に結婚式よりも二次会のプレゼントの方が数百円相場が高いようです。

プチギフトは大きく分けてお菓子や飲み物などの食べ物系ギフトと、バスタオルや香水などの生活用品、生活雑貨のギフトが存在します。まずは食べ物の利点から比較していきましょう。食品系は300円前後の安価な予算内で済むというメリットがあり、反面特定のお菓子が嫌いな人などには受け入れられにくいデメリットがあります。

次の比較対象は生活雑貨系のプレゼントです。タオルに入浴剤に観葉植物、更には贈り主が手作りしたハンドメイド雑貨まで守備範囲が及びます。食品と違って賞味期限の心配も無く手作り雑貨は喜ばれやすいですが、材料代や労力、雑貨を買う値段の高さで食品形に劣っているのがデメリットです。どちらを選ぶかはあなたや周囲の人の好みと相談して決めるといいでしょう。

Decoto

豊穣、子孫繁栄を象徴して世界でも縁起物とされているお米ギフトが充実しています。名入れができるもの、ブランド米を食べ比べできるもの、全国の産地から取り寄せたお米で日本旅ができるもの、コシヒカリに海苔がセットになったものなど様々なシーンでお使いいただけます。

ウエディングギフトセットでは引き出物または引き菓子を30個以上購入すると、購入数と同じ数だけの結婚式や二次会用のプチギフトが無料でついてきます。Decotoの対象商品から引き出物または引き菓子を30個以上購入するとプチギフトを作れるクーポンが送られてきます。クーポンからサクマデコドロップかデコじゃがりこかMyブラックサンダーを選べます。組み合わせは3万通り以上もあるのでオリジナルのウエディングギフトが見つかります。

オリジナルのギフト商品が充実しています。写真、フレーム、スタンプやメッセージを入れられる商品には、ベビースターラーメンやハッピーターン、ウコンの力、じゃがりこ、ブラックサンダー、サクマドロップスなどがあります。じゃがりこ専用のラッピングセットも発売中です。

ホンノキモチ

友達の結婚式に何か思い出になるモノを贈りたいと思っていませんか。だけど、何を贈っていいのか分からない人もいるかもしれません。そんな時に役立つのがホンノキモチです。ホンノキモチは結婚式や母の日・記念日などでプチギフトの通販サイトです。

ここでは贈られた人も贈った人も喜んでもらえるプチギフトが多数揃っています。流石に多くて、どれがいいのか分からない人もいます。そこで用途、商品カテゴリー、価格の3つの項目で選ぶことができます。しかも、サイトではどんどん、商品が増えていく予定です。

しかも、注文してから3から5営業日程度で発送してもらえます。ただし、国内のみでの取引で海外には発送していません。さらに発送する日時を指定することも可能になります。

【ホンノキモチ】

アンティナギフトスタジオ

アンティナギフトスタジオは株式会社大和が運営するプチギフトサイトです。会社の本社は長野県安曇野市豊科高家というところにあり、ギフト商品の企画や製作や販売などを行っています。本社の営業時間は朝10時から夕方18時までです。

店舗は東京の二子玉川と大阪の大丸梅田にあり、営業時間は東京が朝10時から夜21時まで、大阪が朝10時から夜20時までとなっています。このサイトではいろんなプチギフト商品を販売していますが、ギフトは結婚式だけでなく、様々な祝いごとやお見舞い用などとしても想定をしています。

商品カテゴリーとしてはグルメや酒をはじめとして雑貨類なども扱っていて、取り扱いブランドはル・パン・ブールなど全部で50種類以上となっています。商品購入をする場合は税抜5000円以上で送料無料になること、会員登録をしなくても注文できるけど、会員登録すればポイントがたまるようになっています。

カタログからお品物まで上品なギフト選び

ピアリー

相手に感謝の気持ちを込めてプチギフトを贈る人が多いですが、ピアリーには結婚式の贈り物にふさわしいものが揃っています。ギフトにイニシャルを入れることができますし、パッケージを自由に選ぶことができるので、様々なシーンに使えます。

人気のあるプチギフトはランキングでも上位です。ウェルカムウッドは、40個セットになっていて、カジュアルなものからオシャレなアイテムまで幅広いです。半額になることもあるので、タイミングを逃さずに購入してください。

アイテムが多いので、検索をするのに苦労するかもしれませんが、カテゴリーを見ながら商品を探し出すことができるので、欲しいものがすぐに見つかりますし、シュガーキューブも可愛いデザインになっています。

HYACCA

引き出物をゲストのご自宅に直接届けてくれる引き出物宅配システムがあります。ゲスト1人1人の好みに合わせた贈り分けも出来るし、結婚式直前2週間前までHYACCAホームページまたは注文フォームで注文可能なんです。1件から送料無料でゲストの都合に合わせて日時変更も可能です。

華やかさと上質を兼ね揃えたプチギフトが充実です。マイベストグラノーラプチギフトやナッツの蜂蜜漬け、いろは屋の金平糖12色、ワインのコルクにミニマムな多肉植物を植えたコルクタニク、挙式日・名入れの出来るnaturallyクッキーが人気です。

挙式会場に引き出物を持ち込む場合に発生する持込料を負担してくれるサービスがあります。引き出物単品では1点につき税込み最大500円まで、引き出物セットでは2点で税込み最大800円、3点で税込み最大1100円負担してくれます。

トップブライダル

プレゼントを贈るとなると、相手の気持ちを考えながら購入しますが、トップブライダルは結婚式向けのプチギフトが多いです。かご付きのものは、結婚式にふさわしいので注目を集めています。アイテムはブランドから検索できます。

バウムクーヘンには、名前を入れることができます。セットで購入することができるので、結婚式に参加したゲストが多くても、注文でトラブルになることはありません。また、クッキーは、30個から発売されています。

挙式の二次会で喜ばれるようなものが充実していて、定番なプチギフトもたくさんあります。トップブライダルのものは通常よりも格安価格になっているので利用しやすいです。

披露宴等に趣向を凝らしたサービスをする式場側とプチギフトに拘るカップル

一昔前から冠婚葬祭行事が古式豊かに続けられてきました。国内では高度経済成長が始まった頃から行事自体は誕生祝いや卒業、入学祝い等まで家庭に節目の行事でも幅広く行われるようになりました。但し、行事件数の増える傾向があったものの、その中身が大きく変わったと言われています。結婚式はめでたい儀式の代表格ですから新郎新婦初め、両家の親族や友人、知人ができるだけ賑やかに行おうとしています。ところが、少子化や結婚しない若者の増加、あるいは、入籍の届けだけで済ますカップルの増加等の事情があって近年は挙式件数が減少の一途を辿っているわけです。また、若者の意識としても海外の動きが気になるようですから、海外で身近な親族、友人だけ集まって挙式し、そのまま新婚旅行に出かけるカップルも少なくありません。

こうした事情が重なっているため国内の結婚式場側としては披露宴等に色々な趣向を凝らしてサービスに努めているので、一昔前のシンプルな披露宴と比べると趣がすっかり変わりました。その上、プロのウェディングプランナーも加わってカップルの意向を組んで披露宴を組み立ててくれるわけです。もちろん、式場側の楽しい趣向を盛り込んだサービスが追加されればメニューが増えるだけ、費用も嵩むことになります。ところが、バブル崩壊以後、景気低迷が続き、“失われた20年”といわれる時期の影響を反映して、地味に済まそうとするカップルが多いのです。従って、カップルの中には費用のかかるメニューを追加したがらないケースが目立っています。むしろ、安くても参列者に人気のあるプチギフトの方が喜ばれるようです。僅か数時間の結婚式に数百万円も注ぎ込む位なら結婚後の生活にその費用を回したいと真剣に考えているようです。

その背景にはカップルに経済的な余裕の減っていることが挙げられています。この結果、披露宴への出席者を絞ったり、派手な余興をカットする等、費用を抑えようとするカップルが増えているので、挙式件数の減少も加わってウエディング市場の規模が縮小傾向になっています。結婚式場側としては華やかな雰囲気を失わずに同業者との差別化を図ったアイディアをひねり出して、これから結婚するカップルへの広告、宣伝が欠かせない時代です。そこで、式場オリジナルで参列する老若男女がもらってほっこりするプチギフトとなる商品の開発がウェディングプランナー始め、式場従業員の腕の見せ所になっているようです。高齢の参加者の中には結婚式は賑やかに、派手に行うものと考えている人が多かったわけですが、徐々にこのプチギフトを配るカップルの意図を理解するようになってきました。

カテゴリー